忍者ブログ
RO、Sigrunサーバーでのプレイ記録をメインに、TRPG・CardWirthのことがかければなぁ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 震災からもう15年というべきか、まだ15年と言うべきか……。
 なくなった方々のご冥福をお祈りします。



 私が住んでた地域は震度4だったのかな。私は小1でした。
 当初は震度6だったとか、噂飛び交ってて数年後に正確な発生時間と震度を知ったのですが。

 それまでほとんど地震を経験したおぼえがなく、当時の私は「地震」という単語は、はじめて耳にしたものなんじゃないだろうか。
「地震や! ◯◯(私の名前)かばって!」
 と、揺れるのとほぼ同時に母の叫びが聞こえて、同時に私に父が、下の兄弟には母が自分に布団かぶせた上で覆いかぶさっていた。ちょうど頭上にあたる位置に私らの机があったので、並べておいてた教科書類がばっさばっさ落ちてくるから。
 おさまってすぐTVつけてもなかなか速報こなくて、両親がそわそわしていて、やっと速報きたら神戸中心に地震がーって報道してたのまでは覚えている。
 私の家の被害は、せいぜいトイレの水がこぼれてたりとか食器がわれたりとか、棚の上のものが落ちて散らばったり程度。近所でもTVが倒れたとか、タンスが倒れて下敷きになった程度で、死者は出ていなかったはず。

 とりあえず私は机周りを片付けて学校行く用意をしていた。前日が成人の日の振り替え休日だったので、前週給食当番だったから白衣の入った白い袋をもって集団登校の時のリーダーさんの家にいって学校あるのかなー? と話したけど、休校だねって結論で家に帰宅したりした。
 あとは怖かったから食堂のテーブルの下に座布団しいて、毛布かかえて兄弟といっしょに隠れていたりとか。早く起きたから眠かったんだろうな、机の脚にしがみついて兄弟はうつらうつらしていた。
 余震がくるたびに不安だった。本当は揺れていないのにそう錯覚してしまうから、蛍光灯の紐が揺れてないか必死に見ていた。
 TVでは死者と行方不明者の人数がどんどん増えてて、なんでなんでと怖かったのも覚えている。そして震災当日覚えてる記憶はそこまで。

 次の記憶は集団登校してる時。近所にパンダの置物がある公園があったけれど、地震で壊れていたこと。教室めちゃめちゃで、倒れていた教材入れのロッカー(空っぽ)を起こそうとして下敷きになった男子がいて、先生にめっさ怒られたこととか。
 あとは、ところどころ、アスファルトにひびがはいったり、壊れていたり、コンクリの塀が崩れていたりする場所があったところとか。
 あとはしばらくのあいだ、いつ地震が来ても大丈夫なようにパジャマじゃなくて普通に服をきて寝ていたこと、何日かおぼえてないけど、午後●時に大地震がもっかい来るとかいう噂が流れてたから、避難用の荷物まとめて待機してたりとか。


 大人になったてから知ったこともちょこちょこと。特にウィキペディアで震災のページみたりとかで。けどこれから先、そんな新事実を知るよりも先に、震災のことが風化してしまうんじゃないだろうかと思ったりもするわけです。
 私自身、震災のことを思い出すのは地震があったときと、1月17日が近づくにつれて増える震災報道のおかげだったりするから。


 昔似たような文章打った覚えがあるけど、ブログじゃなかったはず。
 覚えがある人いたらごめんね。

 震災を知らない子が小学生になったというニュースを見ても驚くけれど、当時生まれた子は15歳ということにも驚きます。

拍手

PR
Copyright © 空白地帯 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]