忍者ブログ
RO、Sigrunサーバーでのプレイ記録をメインに、TRPG・CardWirthのことがかければなぁ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 以下、資料・ソースなしの妄想。
 水曜日こそ、図書館ひきこもるんだ……カラオケ帰りに!


 異世界トリップ系における言語問題の解決策っていいものはないものだろうか?
 主人公が異世界にトリップするという前提で、
・言葉は通じる→そして言語問題は華麗にスルー
・言葉は通じない→しかし主人公はがんばり見事に言語習得
・言葉は通じる→言語問題は華麗にスルー とみせかけて実はスルーしてなかった!
 の3通りは確認済。今までそれ系統は7本くらいしか読んでないんで、他の方法がありそうですが。
 最後のパターンはその作品の世界設定上の理由なので、そこ以外では再現できない予感がひしひしと。正直、作品中で引っかかる点はあったものの、言語問題スルー系と思いこんでたから、驚きました。
 恩師曰く「生活かかってれば言語習得とか余裕」らしいので、2つ目の現地での習得が無難な気がします。
 まったく言葉が通じなくても、たとえば犬をさして「いぬ」「どっぐ」とか言いあうことはできると思うんだがどうだろうか。


 本題は、統一言語(標準語或いは共通語)がある地域を分割して1千年ほぼ交流断絶した場合言語体系はどうかわるだろうか? っていう疑問。
 交流断絶してまだ100年経ってないとある国では、言葉は通じるけれど微妙に文法とかがかわってきてると、昔言語の先生が言ってました。この国ではこんな言い回しだけど、あの国はあんな言い回し、みたいな。
 これを考えれば元は同じ言語を使ってたのだから、いざ交流復活したとき、英語と日本語みたいな系統の違う言葉になるとは思えないので結局通じる気がする。せいぜい、分断地域で使用言語の多い言葉(方言)=共通語になる程度ではないかな。
 というか、今だとDVDやCDなどを通じて、統一言語を保存できるから、それらをなくさない限り前提として無意味かも。


 そしてここらへんで力尽きるわけですよ。
 昔なんだっけ。あほばか分布図だっけ?
 最後まで見てない上に思いっきりうろ覚えだから嘘書いてるかもしれないけど、日本における言葉の移り変わりが、京都あたりを中心に同心円状に広がってる=京都に近い方言ほど新しく、遠いほど古い言語だ。みたいな。
 あの辺、もう一度みたいなぁ。
 むしろ言語の移り変わりとか調べた本とかないかしらん。
 そして今更ながら英語とハングルと仏語の授業を真面目に受けるべきだったと後悔。仏語はもう趣味丸出しだったがね!

拍手

PR
Copyright © 空白地帯 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]